ドラクエライバルズ攻略Wiki

ドラクエライバルズ(DQR)攻略Wiki。最強デッキTierランキングやリセマラランキングを始め、環境トップのデッキレシピや新カード速報を初心者にもわかりやすく解説!

僧侶ククール

『Zooククール(構築:tutun_HS)』レジェンド15連勝!デッキレシピと立ち回り(錬金石:6900)

この記事をシェアする

投稿日:2017年11月14日 更新日:


今回紹介するのは、格安のククール構築でありながらレジェンドランク15連勝するなど好成績を収めた『Zooククール』です。
使用者は、「tutun_HS」氏。前のめりな構築で、低コストユニットをバフしながら畳み掛ける戦略を特徴にしています。

『Zooククール』デッキ概要

Zoo(ズー)とは、低コストユニットを大量に展開、バフ効果で強化しながら戦う攻めに特化したデッキ。元々は、世界的なトレーディングカードゲームの『マジック:ザ・ギャザリング』において、「主力クリーチャーが犬や猿といった”動物”であったことに由来」する。


デッキレシピ

※カード名をタップすると詳細情報へ飛べます。

0

8

7

5

5

2

3

0

ユニット:25枚 特技:5枚 武器:0枚

必要錬金石:6900個

デッキのじゅもんを発行する

ゲーム実況動画

キーカードの紹介

カード名 解説

キラーデーモン
ステータスを上昇させながら、におうだちをつけることで、ダメージレースを有利にしやすい。
このカード自体のステータスも高いため、高いプレッシャーをかけられるのも特徴的だ。

におうだちをいかすために基本的にユニットは前列に配置するのが鉄則だ。


スカラ
体力を上げることで、一方的に相手を倒し生き残ることができるようになる。《イーブルフライ》との相性も良く、体力がそのまま攻撃力になるので、実質+3/+3補正になる。

プレイングガイド

マリガン

基本的にキープ

《ふゆうじゅ》《ドロヌーバ》

組み合わせ

《ふゆうじゅ》がいる場合《たけやりへい》
《ドロヌーバ》がいる場合《マポレーナ》

2コストユニットがいる場合、《ミミック》

立ち回り

序盤


セオリー通りに低コストのユニットを出して盤面を取っていく。
出したユニットを《たけやりへい》《マポレーナ》《キャタピラー》で強化して、一方的に相手ユニットを倒して有利トレードを図ろう。
強化対象として、《ドロヌーバ》は非常に優秀で、ステルスを持っているため序盤は1ターン確実に生き残るので、《マポレーナ》でバフしやすい。

中盤


《亡者のひとだま》《レッドアーチャー》といった簡単に倒されないパワーユニットを召喚しよう。
多少不利な状況でもプレイした時点で五分に持ち込むことができる強力なユニットたちだ。大幅に不利な状況でもない限りはこれらのユニットをプレイし、圧力をかけていこう。

終盤


《ふしぎなタンバリン》を持っているなら、あえて3コスト以下ユニットをプレイせずに、フィニッシュできるタイミングで同時にプレイする動きをする。

押し負けているときは、《キラーデーモン》を使い、相手のダメージを減らしつつ、こちらのダメージを増やしていくといい。

デッキインタビュー

使用者プロフィール

デッキ提供者
Twitter:
tutun_HS (@tutun_hs)

プロフィール

TCGはハースストーンをリリース初期からプレイしており、最高ランクはレジェンド16位です。シャドウバースもリリース直後からプレイしています。

こだわりポイント

マジックザギャザリングやハースストーンで活躍している、私が最も好きな「zoo」というデッキタイプをドラゴンクエストライバルズで作る事を目指しました。
魅力としては、「その時の環境によってカードの入れ替えが可能」で自由度が高いこと。低コストカードが多く、初心者でも組み易い構築であることです。

キーカードと採用理由

ドロヌーバ


2/2/3という優秀なスタッツでありながら、このデッキのコンセプトであるバフをほぼ確実に決められます。3コストの《マポレーナ》との相性が非常に良いです。

キャタピラー


効果も優秀ながら、1/5という無視されやすいスタッツという特徴を最大限活かし、《イーブルフライ》《エビルトレント》の能力で奇襲をかけます。

レッドアーチャー


このデッキは丁寧に相手の盤面を処理することに加え、ククールのテンションスキルも相まって《レッドアーチャー》の効果の発動率がとても高いです。デッキと相性が良いカードと言えます。その高スタッツを活かしてフィニッシャーとして活躍します。

主な立ち回り

バフ効果を持つ優秀な低コストユニットを多めに採用し、序盤から最後まで盤面を制圧。最後は展開したユニットで相手リーダーの体力を削りきる、アグロ〜ミッドレンジのデッキです。

戦略

序盤から盤面に残りやすいユニットを展開し、バフをかけた低コストユニットで相手の中コストユニットと相殺させる動きが強力です。あとはタイミングを見て攻撃対象をリーダーに切り替えます。

弱点

弱点はAOEです。相手リーダーの除去カードを覚えておき、バリューの高い動きをさせない事が勝ちにつながります。逆に言えば、複数ユニットを少ないコスト・カードで効率良く倒されてしまうと負けに直結します。

マリガンで意識していること

基本的には1コストユニット、《ドロヌーバ》を狙います。1コストユニットがいれば《たけやりへい》も残します。
後攻のピサロ相手には、テンションスキル魔界の騎士で出現する《ピサロナイト》に一方的に倒されてしまう《ふゆうじゅ》は残しませんが、《たけやりへい》とセットであれば残します。アグロ相手には《パワースナイプ》を残します。

体感マッチアップ相性

アグロゼシカ:微不利
テンポゼシカ:微有利
テリー:不利
ピサロ:有利
トルネコ:互角
ミネア:互角
アリーナ:有利
コントロールククール:微有利

記事を読んでくれた人に伝えたいこと

TCG未経験者の方にも、これを機に「zoo」というデッキタイプの楽しさをを知ってもらえれば幸いです。
このデッキに定型は無く、私も毎日試行錯誤して改良を重ねています。自分だけの構築を作る喜びを共に楽しめれば幸いです。

ゲーム実況動画

『僧侶ククール』勝ちパターンと解説動画
『僧侶ククール』全カード評価一覧

ククール(僧侶)最新デッキ一覧

僧侶デッキ
デッキ名 必要錬金石 掲載日
タンバリンククール(構築:みどり茶) 10760 01/17
コントロールククール(構築:パンダ) 25080 01/10
復活ククール(構築:廃課金チンパン) 22360 12/11
重コントロールククール 26980 11/23
トレントククール(構築:ちゃみ) 15680 11/21
>>過去のククールのデッキ一覧

最新記事

【視聴者対戦企画!】勝利したらiTunesカードGET!生放送でトシに挑戦して手に入れろ!3月7日18時より放送
2018年3月6日
新レジェンド4枚!公式生放送Vol.4の最新情報まとめ
2018年2月2日
最適解クイズ Vol.5「アグロテリー VS コントロールククール」
『新カード情報発表リレー』シルエットクイズの中身を予想!
S4:最速レジェンド1位!『アグロゼシカ(構築:奉莉)』デッキレシピと立ち回り(錬金石:9120)
2018年2月1日
『ステルステリー』戦士のデッキレシピと攻略ガイド(錬金石:5400)
マネマネ採用!バロン型『ミッドレンジトルネコ(構築:トシ)』デッキレシピと立ち回り(錬金石:10460)
2018年1月31日
最適解クイズVol.4『氷塊ゼシカVSランプピサロ』
第4回「WE大会」優勝!バロンナイト型『ミッドレンジアリーナ(構築:すーサン)』デッキレシピ(錬金石:26760)
2018年1月30日
『コントロールアリーナ(構築:びおれ)』デッキレシピと攻略ガイド(錬金石:26760)
2018年1月28日


最強デッキTierランキング
トップランカー掲載デッキ集

第2弾:新カード評価ランキング

新カード評価ランキング ▲全107枚!新カード評価と解説はこちらをタップ

DQR:注目リンク

リセマラランキング Tierランキング 闘技場攻略 デッキ一覧 カード一覧

最新のデッキを探す

テリー

ゼシカ

アリーナ

ククール

トルネコ

ミネア

ピサロ

初心者向け攻略ガイド
「基本ルールと遊び方」 「カードゲーム用語集」と使用例
リセマラランキング おすすめリーダーランキング
一から学ぶ!「デッキ構築」 全リーダー配置対策まとめ
いざないの闘技場
全リーダー10勝の達人による戦術指南 最優先で入るべき扉とその理由
GameAIの攻略サイト
ドラゴンクエストⅪ シャドウバース

カード効果

必殺技 メタルボディ におうだち 貫通/超貫通 ねらい撃ち
速攻 ステルス 2回攻撃 テンションリンク
封印 召喚時 死亡時 攻撃時 占い

レアリティ


レジェンド

スーパーレア

レア

ノーマル

種族

冒険者 スライム系 ドラゴン系 ゾンビ系

GameAIのTwitterをフォローする
GameAIのYoutubeチャンネルを登録する

-僧侶ククール
-,

執筆者:

サイドバーメニュー

週間人気記事ランキングTop20

アプリダウンロード

ゲーム情報
タイトル 「ドラゴンクエストライバルズ」
ジャンル 対戦デジタルカードゲーム
対応機種 iOS/Android
ダウンロード
パブリッシャー (株)スクウェア・エニックス
デベロッパー (株)トーセ
公式サイト http://www.dragonquest.jp/rivals/
著作権 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO