ドラクエライバルズ攻略Wiki

ドラクエライバルズ(DQR)攻略Wiki。最強デッキTierランキングやリセマラランキングを始め、環境トップのデッキレシピや新カード速報を初心者にもわかりやすく解説!

カード情報

『リッカ』のカード評価と解説

この記事をシェアする

投稿日:2017年1月1日 更新日:

『リッカ』の基本情報

   
リッカ コスト
攻撃力
HP
種類 ユニット
種族 冒険者
クラス 商人
(トルネコ)
CV 潘めぐみ
評価
効果
味方ユニットが場に出る度カードを1枚引く

『リッカ』の解説

大量ドロー

3コスト1/3とステータスは低いが、その効果は超強力!
自分の場にユニットを出すたびにカードを引くことができるので、息切れせず選択肢を保ち続けることができるだろう。
0コストの《スライム》をはじめとした低コストユニットと合わせて出せばどんどんドローしながら盤面に展開できる。

手札を増やすこともできる

《つちわらし》《マドハンド》のように1枚で2体以上展開できるカードと組み合わせれば、手札を増やすことも可能だ。

いざないの闘技場での使い方

評価:
大量ドローはできるがテンポロスが激しいので闘技場では厳しいか。

『リッカ』を採用するデッキ

ミッドレンジトルネコ

『リッカ』の入手方法

スタンダードカードパック

『リッカ』の元ネタ情報

ドラクエ9で宿屋を営む女の子。伝説の宿屋『宿王』の娘で、ドラクエ9ではすれちがい通信機能を使ってすれちがった冒険者たちを宿屋に呼び込む。
基本的に物語で共に冒険することは無いのだが、一時的に行動を共にする。その時は魔法使いの職業に就いている。

最新記事

【視聴者対戦企画!】勝利したらiTunesカードGET!生放送でトシに挑戦して手に入れろ!3月7日18時より放送
2018年3月6日
新レジェンド4枚!公式生放送Vol.4の最新情報まとめ
2018年2月2日
最適解クイズ Vol.5「アグロテリー VS コントロールククール」
『新カード情報発表リレー』シルエットクイズの中身を予想!
S4:最速レジェンド1位!『アグロゼシカ(構築:奉莉)』デッキレシピと立ち回り(錬金石:9120)
2018年2月1日
『ステルステリー』戦士のデッキレシピと攻略ガイド(錬金石:5400)
マネマネ採用!バロン型『ミッドレンジトルネコ(構築:トシ)』デッキレシピと立ち回り(錬金石:10460)
2018年1月31日
最適解クイズVol.4『氷塊ゼシカVSランプピサロ』
第4回「WE大会」優勝!バロンナイト型『ミッドレンジアリーナ(構築:すーサン)』デッキレシピ(錬金石:26760)
2018年1月30日
『コントロールアリーナ(構築:びおれ)』デッキレシピと攻略ガイド(錬金石:26760)
2018年1月28日


最強デッキTierランキング
トップランカー掲載デッキ集

第2弾:新カード評価ランキング

新カード評価ランキング ▲全107枚!新カード評価と解説はこちらをタップ

DQR:注目リンク

リセマラランキング Tierランキング 闘技場攻略 デッキ一覧 カード一覧

最新のデッキを探す

テリー

ゼシカ

アリーナ

ククール

トルネコ

ミネア

ピサロ

初心者向け攻略ガイド
「基本ルールと遊び方」 「カードゲーム用語集」と使用例
リセマラランキング おすすめリーダーランキング
一から学ぶ!「デッキ構築」 全リーダー配置対策まとめ
いざないの闘技場
全リーダー10勝の達人による戦術指南 最優先で入るべき扉とその理由
GameAIの攻略サイト
ドラゴンクエストⅪ シャドウバース

カード効果

必殺技 メタルボディ におうだち 貫通/超貫通 ねらい撃ち
速攻 ステルス 2回攻撃 テンションリンク
封印 召喚時 死亡時 攻撃時 占い

レアリティ


レジェンド

スーパーレア

レア

ノーマル

種族

冒険者 スライム系 ドラゴン系 ゾンビ系

GameAIのTwitterをフォローする
GameAIのYoutubeチャンネルを登録する

-カード情報
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

サイドバーメニュー

週間人気記事ランキングTop20

アプリダウンロード

ゲーム情報
タイトル 「ドラゴンクエストライバルズ」
ジャンル 対戦デジタルカードゲーム
対応機種 iOS/Android
ダウンロード
パブリッシャー (株)スクウェア・エニックス
デベロッパー (株)トーセ
公式サイト http://www.dragonquest.jp/rivals/
著作権 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO