ドラクエライバルズ攻略Wiki

ドラクエライバルズ(DQR)攻略Wiki。最強デッキTierランキングやリセマラランキングを始め、環境トップのデッキレシピや新カード速報を初心者にもわかりやすく解説!

魔剣士ピサロ

『ゾンビピサロ(構築:ムラーリ)』高勝率デッキレシピと立ち回り(錬金石:26220)

この記事をシェアする

投稿日:2017年11月24日 更新日:

今回紹介するのは、レジェンドランク「6,000位」から「390位」まで急上昇し、高勝率を叩き出した「ゾンビピサロ」デッキです。

構築したのは「ムラーリ」氏。攻略班トシが実際に回した「ゲーム実況動画」もあるので、デッキ攻略の参考にどうぞ!

『ゾンビピサロ』のデッキ概要

ピサロと相性の良い種族、ゾンビ系の強カードを多数採用しており、ゾンビシナジーを活かした構成が特徴。

デッキレシピ

※カード名をタップすると詳細情報へ飛べます。

1

6

2

4

6

4

3

4

ユニット:26枚 特技:4枚 武器:0枚

必要錬金石:26340個

デッキのじゅもんを発行する

ゲーム実況

攻略班トシが回してみました!参考にどうぞ。

キーカードの紹介

カード名 解説

マドハンド
《マドハンド》1枚でブロックを作れるのが強み。HP2のユニットを打ち取るのに、《メラゴースト》《はぐれメタル》とも相性が良く、《闇への供物》への生贄にもしやすい。

マッドフィンガー
想像以上に貢献してくれるユニット。
死亡時効果で《マドハンド》を出すことができるため、ブロックを作りやすく、AoEへの耐性もある。

ワイトキング
前列に出したゾンビ軍団を一斉強化してくれるアンデットの王。3T:《マドハンド》からの《ワイトキング》が決まるだけで、大きなアドバンテージをものにできるだろう。

ドラゴンガイア
《ドラゴンガイア》は、豊富な除去札を持つ環境上位のゼシカや、強力なAoEを持つミネアに対して非常に有効なカード。1ターン延命することで、怒涛のラッシュを手助けしてくれる。

ゼルドラド
横展開を得意とするデッキのため、一斉強化可能な《ゼルドラド》が威力を発揮する機会も少なくない。

入れ替え候補

カード名 解説

魔界の雷
除去と展開を兼ね揃えた優秀な特技カード。《ゼルドラド》採用型のため、相性が良い。

シュバルツシュルト
ハンドリソース補充要員。大量展開を得意とするデッキと相性が良い。持久戦での勝率が上がるので、コントロール対決が増えた場合は採用しても良いだろう。

プレイングガイド(文章:GameAI)

マリガン

対アグロ

優先度:A

《がいこつ》
《イエローシックル》
《はぐれメタル》

優先度:B

《メラゴースト》
《マドハンド》
《ワイトキング》

対コントロール:

優先度:A

《闇への供物》
《がいこつ》

優先度:B

《マドハンド》
《マッドフィンガー》
《ワイトキング》
《ゾーマ》

立ち回りのコツ

アンデットの王を活かす

上記は一例だが、《ワイトキング》を絡めた動きが強力なので狙っていく。
《マドハンド》を3体出すため、序盤のユニットは後列に配置するのがポイントの一つになる。《ワイトキング》《マッドフィンガー》を絡めると非常に強力なので、ボードアドバンテージを広げていきたい。

魔王降臨

中〜終盤では、《闇への供物》でMPブーストさせつつ、魔王ラッシュでパワーで押し潰す戦略がやはり強い。自分の盤面や残りライフと相談しながら、《りゅうおう》《ゾーマ》《ゼルドラド》などのパワー系カードで相手を封殺しよう。この場面でも《マッドフィンガー》《りゅうおう》などを出しておけば、相手の《シドー》などのAoEに対する対策になる。

マミーの小技


《マミー》のロック効果は、対象先として相手リーダーも選択できるため、武器を装備したテリーなどに刺さりやすい。もちろん、厄介なユニットの行動を1ターン縛るのにも使えるぞ。

使用者インタビュー(文章:ムラーリ)

デッキ提供者
Twitter:
ムラーリ(@oom12345778‏)

こだわりポイント

ゾンビをテーマにしつつも、他の高コストのカード達のおかげで、「ランプピサロ」同様の戦いが出来ることです。

キーカードと採用理由

ワイトキング

このデッキのキーカード。採用理由は。単にゾンビカードを使いたかったからです。

マドハンド

《ワイトキング》と一番相性がよく、《闇への供物》《リビングデッド》のエサにもできる便利なカード。ただ、こっちの盤面が横並びになりやすいため、アリーナとテリーの《ギガスラッシュ》等に弱くなります。

主な立ち回り

《ワイトキング》や《リビングデッド》など単体だと機能しないカードが入っているため、無闇に《闇への供物》を使わずに、ある程度盤面を築きながら戦う必要があります。このデッキは《ワイトキング》無しでも戦えるため、無理してコンボに拘る必要がないのも特徴です。

マリガンで意識していること

低コストのカードは勿論のこと、基本的に《ワイトキング》はキープしません。
ただ、手札にゾンビ低コスト(ガイコツ・マドハンド)が並んでいる場合はキープして構いません。相手が「テリー・ピサロ・ククール」の場合は、《闇への供物》を積極的に狙いにいきます。

体感マッチアップ相性

テンポゼシカ:6・4(微不利)
アグロゼシカ:6・4(微不利)
ランプピサロ:5・5(五分)
ミッドレンジテリー:3・7(有利)
アグロテリー:5・5(五分)
ミッドレンジトルネコ:4・6(微有利)
ククール全般:4・6(微有利)
アリーナ(対戦回数が少なすぎてわかりませんが、不利ではなと思います)
奇数ミネア:5・5(五分)
コントロールミネア:4・6(微有利)

記事を読んでくれた人に伝えたいこと

このデッキは通常の「ランプピサロ」との一番の違いとして、『終盤が弱い代わりに序盤、中盤が強い』という特徴があり、これのおかげでゼシカと戦いやすい構成になっています。
ただ《ワイトキング》は単体だと非常に弱い上に、流行りの《亡者のひとだま》に一方トレードされるという致命的な弱点を持っているため、序盤に2枚引く等の事故が起きた場合は素直に諦めることも大切です。

Twitter

ムラーリ(@oom12345778‏)

ゲーム実況

攻略班トシが回してみました!参考にどうぞ。

『魔剣士ピサロ』勝ちパターンと解説動画
『魔剣士ピサロ』全カード評価一覧

ピサロ(魔剣士)最新デッキ

魔剣士デッキ
デッキ名 必要錬金石 掲載日
ランプピサロ(構築:ルネ) 23620 12/01
ランプピサロ(構築:屈辱) 27760 11/25
ゾンビピサロ(構築:ムラーリ) 26220 11/24
ランプピサロ(構築:integral) 26880 11/17
無課金版ゾンビピサロ 7560 10/31
>>過去のピサロのデッキ一覧


関連情報

GameAIのTwitterをフォローする
GameAIのYoutubeチャンネルを登録する
トップランカー掲載デッキ集
初心者向けカードゲーム用語集
この記事をシェアする

DQR:注目リンク

リセマラランキング Tierランキング 闘技場攻略 デッキ一覧 カード一覧

「いざないの闘技場」リーダー別全カード評価


テリー

ゼシカ

アリーナ

ククール

トルネコ

ミネア

ピサロ

リーダー別攻略


テリー

ゼシカ

アリーナ

ククール

トルネコ

ミネア

ピサロ

共通
初心者向け攻略ガイド
「基本ルールと遊び方」 「カードゲーム用語集」と使用例
リセマラランキング おすすめリーダーランキング
一から学ぶ!「デッキ構築」 全リーダー配置対策まとめ
いざないの闘技場
全リーダー10勝の達人による戦術指南 最優先で入るべき扉とその理由
GameAIの攻略サイト
ドラゴンクエストⅪ シャドウバース

カード効果

必殺技 メタルボディ におうだち 貫通/超貫通 ねらい撃ち
速攻 ステルス 2回攻撃 テンションリンク
封印 召喚時 死亡時 攻撃時 占い

レアリティ


レジェンド

スーパーレア

レア

ノーマル

種族

冒険者 スライム系 ドラゴン系 ゾンビ系

-魔剣士ピサロ
-,

執筆者:

サイドバーメニュー

週間人気記事ランキングTop20

アプリダウンロード

ゲーム情報
タイトル 「ドラゴンクエストライバルズ」
ジャンル 対戦デジタルカードゲーム
対応機種 iOS/Android
ダウンロード
パブリッシャー (株)スクウェア・エニックス
デベロッパー (株)トーセ
公式サイト http://www.dragonquest.jp/rivals/
著作権 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO