ドラクエライバルズ攻略Wiki

ドラクエライバルズ(DQR)攻略Wiki。最強デッキTierランキングやリセマラランキングを始め、環境トップのデッキレシピや新カード速報を初心者にもわかりやすく解説!

僧侶ククール

環境上位デッキ「コントロールククール(トレントククール)」対策まとめ

この記事をシェアする

投稿日:2017年12月5日 更新日:

「ドラクエライバルズ/DQR」の環境最強Tier1デッキ「コントロールククール」の対策をまとめたページです。コントロールククールに全然勝てない…という方は、デッキ攻略の参考にどうぞ!

『コントロールククール』デッキを見る
最強デッキTierランキング


コントロールククールのデッキ

まず、最新のコントロールククールのデッキリストを紹介しよう。

デッキレシピ

※カード名をタップすると詳細情報へ飛べます。

0

2

6

4

4

7

1

6

ユニット:19枚 特技:10枚 武器:1枚

必要錬金石:27240個

デッキのじゅもんを発行する

要注意カードへの対策

ザラキ

ドラクエライバルズでも屈指の性能を誇る「縦1列」の確定除去。
コントロールククールでの採用率はほぼ100%なので、7ターン目以降はこのカードを警戒する必要がある。《ザラキ》より採用率は低いが、《グランドクロス》と同時にケアするのが困難で、二者択一を迫られるのが非常に厄介だ。

対策

縦1列に並べない

《グランドクロス》も念のためケアするとなると、重要度高めのユニットを「前列の上段か下段」に配置したい。それ以外のユニットは、《ザラキ》のケアで縦1列に配置しないようにして、4体目を《グランドクロス》が当たらないもう1マスに配置するのが良いだろう。

死亡時効果でカウンター

死亡時に場にユニットを出す効果で対策可能。《りゅうおう》が最たる例で、仮に《ザラキ》を使われても《竜王》が場に残るため、次のターンからすぐに攻撃できるようになる。

リトルライバーン

僧侶版の《ようじゅつし》
回復される度に2点ランダム打点が飛び、体力の減ったユニットが数体いるとこのユニットだけで盤面が壊滅してしまう恐れもある。
《おむつっこり》も回復時に発動する効果を持っているので、同様の対策が可能だ。

対策

リーダーを殴らない

リーダーの体力を回復しても効果が発動するので、リーダーの体力を25のままにしておけばその分の発動を抑えることができる。ただし、序盤から相手を攻め立てるアグロデッキの場合は、持久戦になる程不利なので、積極的にリーダーを殴ってしまってOK。

ユニットを中途半端に削らない

相手ユニットの体力を中途半端に削るとそのユニットを回復されてしまい、《どんぐりベビー》《リトルライバーン》の効果発動回数を増やしてしまうリスクがある。相手ユニットを攻撃するときは、確実に倒しきれるときだけにしよう。

ベリアル

コントロールククールの切り札。7ターン目以降は常に警戒する必要がある。
除去と回復を両立し、ステータスも十分高い凶悪なレジェンドカード。

対策

HP2以下のユニットは自殺する

7ターン目以降は、HP2以下のユニットを盤面に残さないのが重要。
どちらにせよ《ベリアル》が出てきたら倒されるユニットなので、回復されないように先に自害した方が良い。例えばピサロの《魔界の雷》といったカードは、HP2のユニットを大量展開してしまい、《ベリアル》の格好の餌食なので気をつけること。

エビルトレント

相手の場全体にHPと攻撃力を同値にするやっかいなユニット。採用されている場合は高HPユニットが多く採用されており、放置していると超高スタッツユニットがどんどん出てくる。

対策

特技や貫通で除去

基本的に放置しているとまずいので、特技や守っているユニットごと貫通で処理できればそれが最善。除去してしまえば場に残るユニットは大抵攻撃力が低いので、盤面を取られることは少なくなるはずだ。

HPを削ってから有利トレード

《エビルトレント》が場にいる限り、他のユニットは常にHPと攻撃力が同値になる。
一旦特技などでHPを削ってしまえば、それに連動して攻撃力も低下するので有利トレードがしやすくなる。
《エビルトレント》本体を除去できなかったり、《エビルトレント》を守っているユニットを倒す際に有効だ。

プレイング対策

アグロデッキ

リーダーの体力は気にせず詰める

回復時効果を嫌ってリーダーの体力にダメージを与える行為を少しためらってしまうが、アグロデッキならば気にせずどんどん殴ってしまおう。結局のところ後半戦になるとコントロールデッキのほうが分があるのは明白なので、その前に回復量を上回る打点を与える必要がある。

コントロールデッキ

リソースを大事に

コントロール同士の対戦になると高確率で長期戦になる。デッキを全て引き切ってファティーグで試合が決まることも稀ではなく、それに至るまでのリソース管理が非常に重要になる。
手札を使いすぎて《ザラキ》で一斉に処理されたりするとジリ貧になって負けてしまうので気をつける。
手札の中で出せる最善の回答、相手が持っていそうなカードをきちんと考えながら毎ターンプレイしよう。

おすすめデッキ

コントロールミネア


テンションスキルの関係でリソース勝負に強く、「超必中モード」時の爆発力はコントロールククールの高コストユニットでも対応しきれない。持久戦を制したい人にオススメ。
コントロールミネアのデッキレシピ

アグロゼシカ


後半戦になる前に削りきる戦法。綺麗に回れば6ターン前後で決着がつき、相手の高コストユニットは手札で腐ったまま試合を終えることになる。他のデッキとの試合でも1試合あたりの時間が短く、回転率が良いのもメリット。
アグロゼシカのデッキレシピ

配置対策

十字型のマスにダメージを与える必殺技《グランドクロス》が脅威。

前列の上段と下段は《グランドクロス》のダメージを受けない。グランドクロス発動圏内に入った場合、倒されたくないユニットは優先して安全地帯に配置するようにしよう。

おすすめ配置


▲この2マスだけ、《グランドクロス》を回避できる。
また、《ザラキ》で縦1列にいる全てのユニットを破壊されてしまうので、グランドクロスを警戒しつつ、《ザラキ》への配慮も怠らないようにしたい。

関連記事

「トレントククール」デッキレシピ
「コントロールククール」デッキレシピ

関連動画

コントロールククール

トレントククール


関連情報

GameAIのTwitterをフォローする
GameAIのYoutubeチャンネルを登録する
トップランカー掲載デッキ集
初心者向けカードゲーム用語集
この記事をシェアする

DQR:注目リンク

リセマラランキング Tierランキング 闘技場攻略 デッキ一覧 カード一覧

「いざないの闘技場」リーダー別全カード評価


テリー

ゼシカ

アリーナ

ククール

トルネコ

ミネア

ピサロ

リーダー別攻略


テリー

ゼシカ

アリーナ

ククール

トルネコ

ミネア

ピサロ

共通
初心者向け攻略ガイド
「基本ルールと遊び方」 「カードゲーム用語集」と使用例
リセマラランキング おすすめリーダーランキング
一から学ぶ!「デッキ構築」 全リーダー配置対策まとめ
いざないの闘技場
全リーダー10勝の達人による戦術指南 最優先で入るべき扉とその理由
GameAIの攻略サイト
ドラゴンクエストⅪ シャドウバース

カード効果

必殺技 メタルボディ におうだち 貫通/超貫通 ねらい撃ち
速攻 ステルス 2回攻撃 テンションリンク
封印 召喚時 死亡時 攻撃時 占い

レアリティ


レジェンド

スーパーレア

レア

ノーマル

種族

冒険者 スライム系 ドラゴン系 ゾンビ系

-僧侶ククール
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

サイドバーメニュー

週間人気記事ランキングTop20

アプリダウンロード

ゲーム情報
タイトル 「ドラゴンクエストライバルズ」
ジャンル 対戦デジタルカードゲーム
対応機種 iOS/Android
ダウンロード
パブリッシャー (株)スクウェア・エニックス
デベロッパー (株)トーセ
公式サイト http://www.dragonquest.jp/rivals/
著作権 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO