ドラクエライバルズ攻略Wiki

ドラクエライバルズ(DQR)攻略Wiki。最強デッキTierランキングやリセマラランキングを始め、環境トップのデッキレシピや新カード速報を初心者にもわかりやすく解説!

カード情報

『ようじゅつし』のカード評価と解説

この記事をシェアする

投稿日:2017年1月1日 更新日:

『ようじゅつし』の基本情報

   
ようじゅつし コスト
攻撃力
HP
種類 ユニット
種族 -
クラス 魔法使い
(ゼシカ)
評価
効果
自分が特技を使うたびランダムな敵1体に2ダメージ

『ようじゅつし』の解説

低コスト特技と相性が良い

特技を使えば使うだけダメージを飛ばすことができるので、このカードと一緒にできるだけ大量の特技を使いたい。
《早読みの杖》などと組み合わせて一気に特技を使おう。
2枚同時に出せたものならば、相手の盤面は破滅の一途を辿ることになる。
ランダム要素こそあるものの、《メラ》で5点、《メラゾーマ》は9点の脅威的な総ダメージ量を叩き出せるようになり、勝利は目前となるだろう。

高すぎるHP

相手はこのカードを必ず処理しなければならないが、HPが6と非常に高く、一筋縄では倒されないのが大きな強み。
その分攻撃力は控えめだが、効果が本体なので気にならないだろう。

ブロックで守る

このカードが生き残っているだけで盤面処理能力が格段に上昇するため、後列に出してブロックで守ってあげるのが非常に強力だ。
もちろん、テリーなどの貫通持ちが相手だとブロックできないので、代わりににおうだちで守ると良い。

『ようじゅつし』の入手方法

スタンダードカードパック

『ようじゅつし』の元ネタ情報

ドラクエ2で初登場したモンスター。同種族に「まじゅつし」「きとうし」等がいる。
見た目の通り多彩な呪文の使い手で、ギラ系、イオ系の攻撃呪文、「マホトーン」や「スクルト」等の補助呪文をよく使う。

最新記事

新カード評価ランキング|第2弾カードパック「解き放たれし力の咆哮」
2018年1月24日
最適解クイズVol.2「ミッドレンジトルネコ」編
2018年1月23日
『貫通テリー(構築:トシ)』デッキレシピと攻略ガイド(錬金石:7720)
2018年1月22日
第2回オンライン大会優勝!『ハイブリッドミネア(構築:かだし)』デッキレシピ(錬金石:15880)
ドラクエライバルズ「最適解クイズ」Vol.1
2018年1月18日
『占い特化ミネア(構築:みどり茶)』デッキレシピと攻略ガイド(錬金石:18960)
第2弾「新カードパック」リリース情報まとめ|次のテーマはDQ5?内容予想
2018年1月17日
『タンバリンククール(構築:みどり茶)』デッキレシピと攻略ガイド(錬金石:10760)
『ズートルネコ(構築:アグロ)』デッキレシピと立ち回り(錬金石:9280)
2018年1月16日
『グッドスタッフピサロ(構築:元すーサン)』デッキレシピと立ち回り(錬金石:18800)

関連情報

GameAIのTwitterをフォローする
GameAIのYoutubeチャンネルを登録する
最強デッキTierランキング
トップランカー掲載デッキ集

DQR:注目リンク

リセマラランキング Tierランキング 闘技場攻略 デッキ一覧 カード一覧

リーダー別攻略

共通

テリー

ゼシカ

アリーナ

ククール

トルネコ

ミネア

ピサロ

初心者向け攻略ガイド
「基本ルールと遊び方」 「カードゲーム用語集」と使用例
リセマラランキング おすすめリーダーランキング
一から学ぶ!「デッキ構築」 全リーダー配置対策まとめ
いざないの闘技場
全リーダー10勝の達人による戦術指南 最優先で入るべき扉とその理由
GameAIの攻略サイト
ドラゴンクエストⅪ シャドウバース

カード効果

必殺技 メタルボディ におうだち 貫通/超貫通 ねらい撃ち
速攻 ステルス 2回攻撃 テンションリンク
封印 召喚時 死亡時 攻撃時 占い

レアリティ


レジェンド

スーパーレア

レア

ノーマル

種族

冒険者 スライム系 ドラゴン系 ゾンビ系

-カード情報
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

サイドバーメニュー

週間人気記事ランキングTop20

アプリダウンロード

ゲーム情報
タイトル 「ドラゴンクエストライバルズ」
ジャンル 対戦デジタルカードゲーム
対応機種 iOS/Android
ダウンロード
パブリッシャー (株)スクウェア・エニックス
デベロッパー (株)トーセ
公式サイト http://www.dragonquest.jp/rivals/
著作権 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO