ドラクエライバルズ攻略Wiki

ドラクエライバルズ(DQR)攻略Wiki。最強デッキTierランキングやリセマラランキングを始め、環境トップのデッキレシピや新カード速報を初心者にもわかりやすく解説!

カード情報

『ジュリアンテ』のカード評価と解説

この記事をシェアする

投稿日:2017年1月1日 更新日:

『ジュリアンテ』の基本情報

   
ジュリアンテ コスト
攻撃力
HP
種類 ユニット
種族 -
クラス 占い師
(ミネア)
評価
効果
占い
①他の全ての味方ユニット+2/+2
②ランダムな敵3体を次のターン行動不能にする

『ジュリアンテ』の解説

状況に応じて使い分け

①、②共にどちらも強力な効果だが、有効な場面が違う。
少なくとも必中モードにして状況に応じて使い分けていこう。
①は味方ユニットが大量に並んでいるときに使い、一気に強化して相手リーダーにダメージを与えるのに使える。
②は相手の動きを止め時間を稼ぐことができる効果。相手リーダーも対象になるため、3体以上相手の盤面にユニットがいた場合1体止められないことがある。

超必中で大逆転

超必中モード時に使えば、多少不利な状況でも一発で覆すことができる。
ただし自分の盤面にユニットが多少なりとも並んでいる必要があるので、盤面に何も無い状態では残念ながら効果が薄い。

いざないの闘技場での使い方

評価:
バフ能力が出た時のためにユニットを並べておきたい。バフをかけ有利トレードすれば勝利は目の前だ。

『ジュリアンテ』を採用するデッキ

奇数ミネア

『ジュリアンテ』の入手方法

スタンダードカードパック

『ジュリアンテ』の元ネタ情報

ドラクエ10に登場したボスモンスター。マリーンの妹という設定だが、全くもって似つかない姿をしている。
手に持ったムチを使った「双竜打ち」や、「魔女のまなざし」で魅了にしてくる攻撃を得意とする。

最新記事

新カード評価ランキング|第2弾カードパック「解き放たれし力の咆哮」
2018年1月24日
最適解クイズVol.2「ミッドレンジトルネコ」編
2018年1月23日
『貫通テリー(構築:トシ)』デッキレシピと攻略ガイド(錬金石:7720)
2018年1月22日
第2回オンライン大会優勝!『ハイブリッドミネア(構築:かだし)』デッキレシピ(錬金石:15880)
ドラクエライバルズ「最適解クイズ」Vol.1
2018年1月18日
『占い特化ミネア(構築:みどり茶)』デッキレシピと攻略ガイド(錬金石:18960)
第2弾「新カードパック」リリース情報まとめ|次のテーマはDQ5?内容予想
2018年1月17日
『タンバリンククール(構築:みどり茶)』デッキレシピと攻略ガイド(錬金石:10760)
『ズートルネコ(構築:アグロ)』デッキレシピと立ち回り(錬金石:9280)
2018年1月16日
『グッドスタッフピサロ(構築:元すーサン)』デッキレシピと立ち回り(錬金石:18800)

関連情報

GameAIのTwitterをフォローする
GameAIのYoutubeチャンネルを登録する
最強デッキTierランキング
トップランカー掲載デッキ集

DQR:注目リンク

リセマラランキング Tierランキング 闘技場攻略 デッキ一覧 カード一覧

リーダー別攻略

共通

テリー

ゼシカ

アリーナ

ククール

トルネコ

ミネア

ピサロ

初心者向け攻略ガイド
「基本ルールと遊び方」 「カードゲーム用語集」と使用例
リセマラランキング おすすめリーダーランキング
一から学ぶ!「デッキ構築」 全リーダー配置対策まとめ
いざないの闘技場
全リーダー10勝の達人による戦術指南 最優先で入るべき扉とその理由
GameAIの攻略サイト
ドラゴンクエストⅪ シャドウバース

カード効果

必殺技 メタルボディ におうだち 貫通/超貫通 ねらい撃ち
速攻 ステルス 2回攻撃 テンションリンク
封印 召喚時 死亡時 攻撃時 占い

レアリティ


レジェンド

スーパーレア

レア

ノーマル

種族

冒険者 スライム系 ドラゴン系 ゾンビ系

-カード情報
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

サイドバーメニュー

週間人気記事ランキングTop20

アプリダウンロード

ゲーム情報
タイトル 「ドラゴンクエストライバルズ」
ジャンル 対戦デジタルカードゲーム
対応機種 iOS/Android
ダウンロード
パブリッシャー (株)スクウェア・エニックス
デベロッパー (株)トーセ
公式サイト http://www.dragonquest.jp/rivals/
著作権 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO