ドラクエライバルズ攻略Wiki|GameAI

ドラゴンクエストライバルズ(ドラクエライバルズ/DQライバルズ/DQR)の攻略Wikiです。カードゲームのランカー揃いのGameAI(ゲームアイ)攻略班が最強デッキを徹底解説!『最強デッキランキング』や『リセマラランキング(レジェンドカード評価一覧)』などの攻略速報をまとめています。

●リーダー

【ドラクエライバルズ】ククール(僧侶)の評価とデッキ攻略一覧【DQR】

投稿日:2017年6月10日 更新日:

ドラクエライバルズのリーダー、ククール(僧侶)の評価とデッキ攻略一覧です。
テンションスキル「癒しの波動」の使い方ガイドも紹介していきます。


ククール(僧侶)の紹介

ドラクエ8で初登場したマイエラ修道院の聖堂騎士団。女好きで、好みの女性が現れたら一目散に口説き始める。
クリア後には、ほぼ全てのプレイヤーが《ふしぎなタンバリン》というアイテムを使う役目を担当させることから、ネットでは「タンバリン」という愛称で呼ばれていたりもする。
ライバルズで、原作では誰でも使えた《ふしぎなタンバリン》が共通アイテムではなく、僧侶に割り振られているのは、そういったネタを込められているのかもしれない。

ドラクエライバルズでは、回復タイプで長期戦を得意とする「僧侶クラス」として使用可能。

ククール(僧侶)のテンションスキル

癒しの波動

効果:
味方全体のHPを3回復する。
解説:
リーダーを含めた全体3回復。
ダメージを食らっているユニットを回復して再利用することを可能にするテンションスキル。全体回復なので、回復した時に効果が発動するカードたちとの相性がいい。

ククール(僧侶)の必殺技

グランドクロス

効果:
必殺技:敵の後列中央を中心に十字型に5ダメージを与える
解説:
十字形と少し面白い形にダメージを与える必殺技だ。僧侶のカードの中では数少ないリーダーにもダメージを与えることができる特技となっている。
盤面を綺麗にしながら、リーダーにダメージを与えていこう。

ククール(僧侶)の強い点

  • 回復しながら長期戦に持ち込める点
  • 自身のユニットを回復させ有利トレードを仕掛けられる

ククール(僧侶)の弱い点

  • 決め切る手段が少ない
  • ロングゲームになりやすい

ククール(僧侶)のデッキリスト

・コントロールククール

『ククール』のデッキレシピ

コントロールククール
*画像は、タップすると拡大可能です

『ククール』の立ち回りガイド

▶️魔王ゾーマ降臨!『コントロールククール』ザオラルで蘇る「不死軍団」

おすすめカード


《ボーンバット》
解説:場に出た時に2点ダメージを受けるが、テンションスキルを使用すれば、2コスト3/4と強力なフォロワーが誕生する。

《おむつっこり》
解説:2コストでは平均的なステータスを持っており、HPを2点回復させることができるので、僧侶のカードと相性がいいぞ!

《リトルライバーン》
解説:味方が回復するたびに、2点ダメージを毎回飛ばすことができる。
回復手段が多いので相性が良く、相手からしたら地味に厄介だ。

《ばくだんいわ》
解説:前列限定の全体ダメージ持ち。
同じ全体除去カードである《グランドクロス》の範囲が異なるため、《グランドクロス》をケアして前列に並べた敵ユニットたちをまとめて葬ることが可能だ!

《メガザルロック》
解説:死亡時にコスト2以下のユニットを復活させることが出来るので、2コスト最強クラスの強さを誇る《ボーンバット》を復活させることができれば強力だ!

《グランドクロス》
解説:十字形と少し面白い形にダメージを与える必殺技だ。
リーダーにもダメージを与えられるので、上手くいけば勝負を決め切る可能性を秘めた必殺技だ。
必殺技なので簡単には発動できないので注意しよう。

ククール(僧侶)対策

【コンボアリーナ】などで一気にバーストダメージを与えることができれば、簡単に勝負を決め切ることが可能。
そこで決めきれなければ、回復を合わされて逆襲されて負けることもあるので注意が必要だ。

注目記事

リーダー別デッキ解説

リーダー別全カード一覧

ゲーム情報
タイトル ドラゴンクエストライバルズ
ジャンル 対戦デジタルカードゲーム
対応機種 iOS/Android
発売予定日 2017年
デベロッパー SQUARE ENIX
公式サイト http://www.dragonquest.jp/rivals/
著作権 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

-●リーダー
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

週間人気記事ランキングTop20