ドラクエライバルズ攻略Wiki|GameAI

ドラゴンクエストライバルズ(ドラクエライバルズ/DQライバルズ/DQR)の攻略Wikiです。カードゲームのランカー揃いのGameAI(ゲームアイ)攻略班が最強デッキを徹底解説!『最強デッキランキング』や『リセマラランキング(レジェンドカード評価一覧)』などの攻略速報をまとめています。

●リーダー

トルネコ(商人)の評価とデッキ攻略一覧

投稿日:2017年6月10日 更新日:

ドラクエライバルズのリーダー、トルネコ(商人)の評価とデッキ攻略一覧です。
テンションスキル「お宝発見」の使い方ガイドも紹介していきます。


トルネコの紹介

ドラクエ4で初登場したレイクバナの商人。ダンジョンRPGとして大きな反響を呼んだ、不朽の名作「トルネコの不思議なダンジョン」という外伝作品の主人公として抜擢された。
夢は「世界一の武器商人」で、妻ネネと息子ポポロの家族を持っている。ドラクエライバルズに登場する商人カードは、DQ4というよりもどちらかというと「トルネコの大冒険」から採用されたものが多い。

ドラクエライバルズでは、「商人クラス」として使用可能だ。

トルネコの特徴と戦い方



【道具】カードという独自の特技カードを活用してユニットを強化しつつ戦っていく。

ユニットにも、道具カードと相性の良い効果が付いているカードが多い。

トルネコ(商人)のテンションスキル

お宝発見

効果:
「道具」カード3枚を手札に加える
解説:
テンションスキルを使うと3枚ものカードが手札に加わる。トルネコには手札の枚数を参照するカードが存在するので、このテンションスキルで手札を増やすといいだろう。

トルネコ(商人)の必殺技

あらくれ呼び

効果:
必殺技:速攻 3/1の《あらくれ》を3体出す
解説:
手札1枚で簡単に9点のバーストダメージを出すことができる必殺技だ。
《バイキルトの巻物》と一緒に使えば15点ダメージを叩き出せる。
また、3体召喚するのでウォールを作ることも簡単にできるぞ。

トルネコの長所と短所

トルネコの強い点

  • バフ戦略で、巨大スタッツのユニットにまで育成・強化できる
  • 【メタルボディ】持ちのユニットを強化していくと、除去されにくい強力なユニットに化ける
  • ドローソースが豊富

トルネコの弱い点

  • 育てたユニットを除去されると、アドバンテージを一気に失う
  • ユニットがいないと、【どうぐ】カードを活かせないので全体除去に弱い

トルネコ(商人)のデッキ一覧

・メタルトルネコ

『トルネコ』のデッキレシピ


*タップすると拡大できます

『メタルトルネコ』の立ち回りガイド

▶️守備力255『メタルトルネコ(構築:かぎ)』商人のバフ戦略で「最強のメタル軍団」を強化せよ

おすすめカード


《リッカ》
解説:
超強力なドローカード。後列に置いて守れば毎ターン2枚ずつドローできる。
《マドハンド》と組み合わせることで一気に3ドローも可能。

《せいぎのそろばん》
解説:
直接攻撃ができる強力な武器!カード7枚以上で攻撃力が増加するため、テンションスキル「お宝発見」と上手く組み合わせていきたい。
初代「トルネコの不思議なダンジョン」では、最強の武器として登場した。

《バイキルトの巻物》
解説:
最も効果的な使い方は《あらくれ呼び》とのコンボだろう。
相手リーダーの体力を一気に削れそうなタイミングで使っていきたい。

《あらくれ呼び》
解説:
街の”あらくれもの”と、一見マジメな商人であるトルネコの関係性は不明だが、トルネコのために彼らが駆けつけるということは、謎の信頼関係があるのかもしれない。
9点バースト、《バイキルトの巻物》と組み合わせることで15点バーストまで出せる。
ユニット処理に使うのはもったいないので、できるだけ相手盤面を削ってから使いたい。

トルネコ対策

トルネコは、「どうぐ」カードを活用したユニットへのバフを主戦力とするため、ユニットが盤面にいなくなると非常に弱くなる。
《イオナズン》《ギガスラッシュ》《ダークマター》などAoE(範囲除去)の呪文や特技で、盤面を一掃しつつ有利を取っていくと良いだろう。

注目記事

リーダー別デッキ解説

リーダー別全カード一覧

ゲーム情報
タイトル ドラゴンクエストライバルズ
ジャンル 対戦デジタルカードゲーム
対応機種 iOS/Android
発売予定日 2017年
デベロッパー SQUARE ENIX
公式サイト http://www.dragonquest.jp/rivals/
著作権 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

-●リーダー
-,