ドラクエライバルズ攻略Wiki

ドラクエライバルズ(DQR)攻略Wiki。最強デッキTierランキングやリセマラランキングを始め、環境トップのデッキレシピや新カード速報を初心者にもわかりやすく解説!

大会

DQR公式:第1回『ウィークエンド・トーナメント』優勝!トルネコのデッキ解説

この記事をシェアする

投稿日:2017年12月25日 更新日:

ウィークエンド大会:優勝デッキ解説

はじめに


みなさんこんにちは!GameAIのトシ(@Toshi_GameAI)です。
今回は、2017年12月22日(土)に開催された、ドラクエライバルズ公式の第一回『ウィークエンド・トーナメント』で優勝した際に使用したデッキと、デッキ選択理由を解説したいと思います。

リーダーとデッキ選択

大会ルール

今回の大会ルールは「1リーダーBO1」で、対戦相手のリーダーを見てデッキの内容変更できるルールでした。
そのため、この時点でテリー(メタられやすい)を持って行く選択肢は、自分にはなくなりました。

候補リーダー

  • コントロールと奇数両方あるミネア
  • 大幅な不利マッチが少ないピサロ
  • デッキや選択肢が想定しづらいアリーナ
  • テリー以外に強いゼシカ
  • 幅広い戦術が使えるトルネコ

この5リーダーです。
アリーナ、ピサロは熟練度が低く練習時間も取れないため、候補から外しました。

ゼシカは、このルールに適していないテリー以外に滅法強いのですが、ルール対策しているプレイヤーの数が怪しいのと、そもそも環境トップのデッキパワーがあることからテリーを選択するプレイヤーも少なくない気がしたので、候補から外しました。残ったのはトルネコとミネアなのですが、一番プレイしているということで「トルネコ」を選択することに。


テリーの採用率は、ランクマッチ環境と比較するとやはり低下している。

実際に使ったデッキ

環境に多いテリーとピサロは絶対に対策デッキを用意しようと決め、相性的に不利な「テンポゼシカ」にどうやって勝つのかも考えた結果、合計4デッキ持っていくことに。
どれも、勝率7割を目指して構築しました。

対テンポゼシカ(使用回数:1回)


デッキのじゅもんを発行する
実は1回も練習してなくて、ぶっつけ本番でした。
構築も用意したデッキで一番甘いです。
《ドラゴンガイア》《亡者のひとだま》がキーカード

対アグロゼシカ(未使用)


デッキのじゅもんを発行する

テリー用(使用回数:2回)


デッキのじゅもんを発行する
ここまで寄せたらさすがに勝てる!ってところまで寄せました。テンションスキルがきついので、《つちわらし》は1枚減らしています。
テリー以外には勝てませんが、テリーなら手札事故が起きない限りは、勝率7割取れる構築だと思ってます。

対ピサロ、ククール用(使用回数:2回)

デッキのじゅもんを発行する
騙されたと思って《バシルーラの杖》を使って見てください、想像以上に強いです。
《封印の杖》は確実に入っている、《アンルシア》へのカウンターと、《ガチャコッコ》や、《シールドオーガ》《ライノスキング》などのにおうだち消すのに役立ちます。ククールも見てますが、どちらかと言うとピサロ用です。

汎用デッキ(使用回数:2回)

デッキのじゅもんを発行する
上記以外のリーダーと当たった時用のデッキです。
カード単体で強いものが多く、満遍なく戦えるようにしています。

究極のようじゅつし対策

後で気付いたのですが、「テンポゼシカ」用のデッキに《マネマネ》を入れるのを忘れてました。
《ようじゅつし》《マネマネ》することで、タネが特技扱いになり、猛反撃することが可能です。正直このカードがあったら、もっと有利に試合を運べていたと思います。ある意味プレイミスです。

さいごに

大会は、告知された時点で勝負が始まっています。
僕が勝つために行ってきた準備は、以下の通りです。

準備1:大会エントリー

ベータ版ということもあり、大会エントリーが「先着128名」という狭き門に。

エントリー先着順と表記があった時点で、ベータ版とは言え第一回公式大会ということで注目度も高いため、エントリー受付直後から応募が殺到すると考えました。大会サポートツール「Lobi」のログインをあらかじめ済ませた上、使用リーダーを決めて、ドラクエの個人IDをコピーして待機。1秒でも早くエントリーできる体制を整えました。
結果的に、開始1分と経たないうちに何百ものエントリーで定員オーバーになったので、正解でしたね。おそろしい・・・。

本大会となる次回以降は、募集人数が増えて抽選方式になるなど、運営・エントリー方法などが見直される可能性も高いですが、0回戦落ちを避けるためにルールや規約などはきちんと確認しておいた方が良いでしょう。

準備2:リーダー別の対策デッキを用意

先ほど書いた通りです。
大会ルールを確認、試合内容を想定しておくことで有利になります。

準備3:練習して再調整

最後にデッキが決まった後、デッキの選択があっているのかを確認するため、仲の良いのランカー「yanaken(@yanaken_games)」さんに協力してもらって練習をしました。アーカイブが残っているので、よかったらご覧ください。

各リーダーごとのマッチアップに関しては、また今度機会があったら書こうと思います。
すごく緊張しましたが、本当に優勝できてよかった!

▲賞品のプレミアムスリーブ

普段は、GameAIの「YouTubeチャンネル」でDQライバルズのゲーム実況動画をバンバン投稿しているので、よかったらご覧ください。練習に付き合ってくれた「yanaken」さん、応援してくれたみなさんありがとうございました!
YouTubeチャンネル
公式オンライン大会の詳細

ゲーム実況動画

攻略班トシ(@Toshi_GameAI)の解説動画です。立ち回りの参考にどうぞ!

準決勝

決勝

『商人トルネコ』勝ちパターンと解説動画
『商人トルネコ』全カード評価一覧

トルネコ(商人)最新デッキ一覧

商人デッキ
デッキ名 必要錬金石 掲載日
ミッドレンジトルネコ(構築:トシ) 10460 01/31
ズートルネコ(構築:アグロ) 9280 01/16
ミッドレンジトルネコ(構築:元すーサン) 23760 01/03
スライムトルネコ(構築:GameAI) 15420 12/31
ウィークエンド・トーナメント - 12/25
>>過去のトルネコのデッキ一覧

最新記事

新レジェンド4枚!公式生放送Vol.4の最新情報まとめ
2018年2月2日
最適解クイズ Vol.5「アグロテリー VS コントロールククール」
『新カード情報発表リレー』シルエットクイズの中身を予想!
S4:最速レジェンド1位!『アグロゼシカ(構築:奉莉)』デッキレシピと立ち回り(錬金石:9120)
2018年2月1日
『ステルステリー』戦士のデッキレシピと攻略ガイド(錬金石:5400)
マネマネ採用!バロン型『ミッドレンジトルネコ(構築:トシ)』デッキレシピと立ち回り(錬金石:10460)
2018年1月31日
最適解クイズVol.4『氷塊ゼシカVSランプピサロ』
第4回「WE大会」優勝!バロンナイト型『ミッドレンジアリーナ(構築:すーサン)』デッキレシピ(錬金石:26760)
2018年1月30日
『コントロールアリーナ(構築:びおれ)』デッキレシピと攻略ガイド(錬金石:26760)
2018年1月28日
最適解クイズVol.3「ミネアVSピサロ」編
2018年1月25日


最強デッキTierランキング
トップランカー掲載デッキ集

第2弾:新カード評価ランキング

新カード評価ランキング ▲全107枚!新カード評価と解説はこちらをタップ

DQR:注目リンク

リセマラランキング Tierランキング 闘技場攻略 デッキ一覧 カード一覧

最新のデッキを探す

テリー

ゼシカ

アリーナ

ククール

トルネコ

ミネア

ピサロ

初心者向け攻略ガイド
「基本ルールと遊び方」 「カードゲーム用語集」と使用例
リセマラランキング おすすめリーダーランキング
一から学ぶ!「デッキ構築」 全リーダー配置対策まとめ
いざないの闘技場
全リーダー10勝の達人による戦術指南 最優先で入るべき扉とその理由
GameAIの攻略サイト
ドラゴンクエストⅪ シャドウバース

カード効果

必殺技 メタルボディ におうだち 貫通/超貫通 ねらい撃ち
速攻 ステルス 2回攻撃 テンションリンク
封印 召喚時 死亡時 攻撃時 占い

レアリティ


レジェンド

スーパーレア

レア

ノーマル

種族

冒険者 スライム系 ドラゴン系 ゾンビ系

GameAIのTwitterをフォローする
GameAIのYoutubeチャンネルを登録する

-大会
-, ,

執筆者:


  1. 匿名 より:

    デッキ選択の際に全く言及されてないククールさん…

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

サイドバーメニュー

週間人気記事ランキングTop20

アプリダウンロード

ゲーム情報
タイトル 「ドラゴンクエストライバルズ」
ジャンル 対戦デジタルカードゲーム
対応機種 iOS/Android
ダウンロード
パブリッシャー (株)スクウェア・エニックス
デベロッパー (株)トーセ
公式サイト http://www.dragonquest.jp/rivals/
著作権 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO