ドラクエライバルズ攻略Wiki|GameAI

Tierランキングやリセマラランキングを始め、環境上位の最強デッキレシピや新カードの使い方を初心者にもわかりやすく徹底解説!

いざないの闘技場

『いざないの闘技場』のシステム解説と豪華報酬まとめ

この記事をシェアする

投稿日:2017年10月10日 更新日:

『ドラゴンクエスライバルズ(ドラクエライバルズ/DQR)』の「いざないの闘技場」の情報まとめページです。
ピックの参考やシステムの理解、報酬の確認にどうぞご利用ください。

いざないの闘技場


『いざないの闘技場』とは、即席でリーダーを選択肢デッキを作っていくゲームモードのことだ。
通常のランク戦と違い「即席デッキ」を作るため、戦略戦術は大きく変わってくる。カード資産がなくても、すべてのカードからピックできるため、無課金の人でも楽しめるのが特徴の一つ。

ゲームの流れ

その1:リーダー選択

入場料を支払い、ゲームモードをスタートすると、リーダーが3人表示される。
まずはこの3リーダーから、闘技場で使用するリーダーを決めることになる。
選択したリーダーによって、「テンションスキル」と「必殺技」。この後にピックできるクラス専用カードが変化するぞ。
基本的にテンションスキルでダメージを出すことが可能なリーダーが強いと言われている。(ex:戦士や魔法使い)

その2:扉の間とカードピック

リーダーを選択したら、カードを30枚ピックしていくことになる。
ピックの手順は、「扉の間」1回と「カードピック」5回を1セットとして、6セット繰り返すことで「計30枚のカード」をピックしてデッキを完成させることになる。

扉の間


扉の間では、「3つの扉の内1つ」を選択し、5回カードピックを行うことで、再び扉の間に辿り着く。

選択した旅の扉によって、その後5回のピックで出現するカードの傾向を絞ることができる。
マナカーブやデッキのバランスを見極めながら戦い方を想定してデッキを組もう。ピックの実力を問われることになるぞ。

ただし、一番最初は必ず「旅立ちの扉(ランダムにカードが選ばれる扉)」からスタートするようだ。

公式ムービーなどから判明している扉の種類は、以下の通り。

旅立ちの扉 ランダムにカードが選ばれる扉
しあわせの扉 5回目のピックで、最高レアリティの【レジェンドレアカード】が必ず出現する扉
勇気の扉 カードが裏面になるが、全てスーパーレア以上となる扉
MP1の扉 「MP1のカード」が必ず出る扉
MP2の扉 「MP2のカード」が必ず出る扉
大きな扉 「MP5以上のカード」が選ばれる扉
小さな扉 「MP4以下のカード」が選ばれる扉
魔王の扉 5回目のピックで、最強クラスの性能を持つ【魔王系カード】が必ず出現する扉
カードピック


カードピックは、ランダムに選ばれた3枚のカードから1枚を選択して、デッキを仕上げていくことになる。
このランダムな3枚は

・中立と選択したリーダーのクラスカード
・同じレアリティ同士
・【扉の間】で選択した扉の条件

をそれぞれ満たした上で出現する。

そのため、最初に選択したリーダーで「魔法使い」を選んだのに「戦士」のクラス専用カードが出てきたり、レジェンドレアとレアが同時に出現したりはしない。
運命の別れ道となる【扉の間】をはさみつつ、計30枚をピックしたら、『いざないの闘技場』で使用することになる即興デッキの完成だ。

その3:いよいよ対戦!

即席デッキを組み終えたら、いよいよ対戦を始めることができる。
対戦相手も同じ手順で作られた「即席デッキ」を使ってくるというわけだ。

合計で10勝するか、3敗するまで対戦を行い、対戦結果次第で報酬が決まる。
見事全勝することができたら、一定確率で豪華賞品が手に入るかも知れない。

報酬リスト


公式による参考画像では、4勝して赤の宝箱とあるが、3敗するまでに10勝することで、ドラクエ11にも出現した「金の宝箱」を入手できる可能性がある。
ハースストーンのアリーナの場合、連勝数が多ければ多いほど豪華報酬がもらえるようになり、最高レアリティのレジェンドレアカードやゴールドカードなどが手に入ることもある。

闘技場戦績

戦績ボタンがあることから、「平均勝利数」や「勝率」など、闘技場の実力が確認できる仕様になっている可能性があるぞ。

この記事をシェアする

注目記事

ゲーム情報
タイトル ドラゴンクエストライバルズ
ジャンル 対戦デジタルカードゲーム
対応機種 iOS/Android
発売予定日 2017/11/02(木)
デベロッパー SQUARE ENIX
公式サイト http://www.dragonquest.jp/rivals/
著作権 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

-いざないの闘技場
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

サイドバーメニュー