ドラクエライバルズ攻略Wiki|GameAI

Tierランキングやリセマラランキングを始め、環境上位の最強デッキレシピや新カードの使い方を初心者にもわかりやすく徹底解説!

初心者向け

初心者向け「カードゲーム用語集」と使用例

この記事をシェアする

投稿日:2017年10月12日 更新日:

ドラゴンクエストライバルズで使用される、「カードゲーム用語」を初心者にもわかりやすく解説。
GameAIの攻略記事でも頻出の用語がたくさんあるので、参考にどうぞ!


あ行から始まる用語

アーキタイプ

雛形。
デッキタイプ、デッキコンセプトのこと。

アグロ

速攻型のデッキタイプ。低コストカードで序盤からアグレッシブに攻める型。
一般的にコントロールに強く、ミッドレンジに弱い。
例:「アグロテリー」

アド(アドバンテージ)

有利な状態のことを指す。相手と比べたときに手札、場、リーダーの体力などが有利なとき、有利になった時に使う。

いざないの闘技場


ハースストーンでの「アリーナ」、シャドウバースでの「2Pick」。
ランダムに選ばれた3種類のカードの中からピックを繰り返し、30枚のデッキを組み上げて戦うモード。
カード資産の乏しい無課金のプレイヤーでも楽しむことができるが、経験や実力差は出やすい。勝利数が多いほど、報酬も豪華になる。

ウォール


上・中・下段に最低1体ずつユニットを並べるとリーダーに攻撃できなくなるシステム。列が違っても効果は発揮する。

占い

占い師ミネア」のユニット能力。
①と②の二つの強力な効果があり、ランダムでどちらかが発動する。

《太陽のタロット》

か行から始まる用語

貫通


ユニットの能力。攻撃対象の後ろのユニットにもダメージを与えることができる。反撃は攻撃対象からしか受けない。
現時点では、DQⅠのラスボス《りゅうおう》にしか使えない【超貫通】という技もある。

顔面(フェイス)

盤面に表示されている「リーダーの顔アイコン」のこと。主にリーダーに攻撃する際に「顔面を殴る」と表現される。
類義語「フェイス」
シャドウバースでは、【フェイスロイヤル】というデッキも存在する。

ギルド


友達や知り合いと作成することが可能な「チーム」機能。
ギルド内のメンバーの試合を観戦したり、チャットやスタンプでコミュニケーションを図ることができる。デッキの共有やレンタル機能まで存在するため、ギルドに所属しておくとメリットが多く用意されている。

クラス


リーダーのこと。
「戦士クラス」「魔法使いクラス」など全7クラス存在するので、自分のカード資産やプレイスタイルに合ったリーダーを選択すると良い。

コスト

カードをプレイする際に必要な「MP」のこと。高コスト帯の強力なカードを召喚するためには、より多くのMPを消費するため、試合序盤から出すことはできない。

類義語:「マナ」

コントロール

低速型のデッキタイプ。序盤を除去カード等で凌いで高コストカードで勝負を決める型。
一般的にミッドレンジに強くてアグロに弱いため、ジャンケンのような三竦みの関係になっている。

コンボ


カードとカードを組み合わせて発動するスキルのこと。
コンボに使うカードたちを「コンボパーツ」と言う。CBTで猛威をふるった「武闘家アリーナ」の《閃光烈火拳》は、その代表格。

さ行から始まる用語

サーチ


戦士テリーの《剣を求めて》など、デッキから特定のカードを加える効果のこと。
デッキ構築を工夫し、必ず狙ったカードが加わる状態のことを「確定サーチ」と呼ぶ。

サレンダー

「降参」のこと。

(手札)事故

欲しいカードが全く引けないこと。
特に、序盤の最大MPが低い時に高コストカードばかり引いている時によく使う。デッキ構築が悪い場合もあるので、マナカーブを見直そう。

シナジー

直訳すると「相乗効果」。カードとカードの組み合わせで高い効果を発揮すること。
シナジーを考えて組むことで、より強固なデッキが完成する。

死亡時効果

ユニットの能力。
カードが場で破壊された時に発動する効果。

召喚時効果

ユニットの能力。
MPコストを払って手札から場に出した時に発動する効果。

召喚酔い

場に出たターンのユニットが攻撃できないことを指す。
「速攻」持ちカードであれば、すぐに攻撃することが可能。

除去

場に出ているカードを取り除くこと。
それができるカードを除去スペルや除去カードという。

スタッツ

「スタッツが高い」とは、HPと攻撃力が高いユニットを指す。
ステータスと同義。

ステルス

ユニットの能力。
ステルスユニットは直接打撃や呪文など「カード効果の対象に選ぶ」ことができなくなる。全体効果(AoE)や対象をランダムに選ぶ効果であれば作用する。

スプリットダメージ

1ダメージずつ飛んで行くダメージのこと。分裂ダメージ。
《マルティナ》の効果などがこれにあたる。

速攻

ユニットの能力。場に出たターンに攻撃できる。

た行から始まる用語

超貫通


魔王カード《りゅうおう》が変身後に使用できる能力。
攻撃対象の後ろのユニット+リーダーにダメージを与えることができる。反撃は攻撃対象からしか受けない。

超必中モード

占い師ミネア」の必殺技。
占いカードの①と②の両方の効果を発動させることができる状態。CBTでは、圧倒的強さを誇った。

デバフ


《漆黒の世界》など、ステータスや能力を弱体化する効果のこと。

対義語:「バフ」

テンションスキル


テンションを上げることで使えるリーダースキル。各リーダーごとに特徴が異なる。
各リーダーの特徴とデッキ一覧(テンション、必殺技)

テンションリンク


《キングスライム》《ベビーサタン》など、自分のリーダーのテンションが上がるたびに発動するカード能力のこと。

テンポ

盤面の強さ(効率)のこと。
MPが余ったりして、効率よくMPを使えないことを「テンポロス」と言う。

トークン

カード効果でしか出現しないサブカードのこと。トークン単体をデッキに組み込んだり、コレクションすることはできない。
例えば、《ガボ》の召喚時効果で出てくる《オオカミ》などのこと。

トップ

デッキの一番上のカードのこと。
トップのキーカードを引いて状況を打破することを「トップ解決」と呼ぶが、運頼みなので歓迎はされない。
その一方で運命力のインパクトが大きいため、大会などでは盛り上がることが多い。
対義語:ボトム

ドロー

カードを引くこと。某人気漫画の遊戯がよく発言していた。
2枚引く場合は、ツードローと言う。

な行から始まる用語

ナーフ


カード能力のバランス調整で、弱体化されること。

例:「CBTで強すぎた《ゴールデンスライム》がナーフされたようだ。」

におうだち


ユニットの能力。
におうだち】ユニットが場の前列に出ていると、相手はにおうだちユニット以外を攻撃できなくなる。
強力な能力を持つ、低HPユニットの護衛に使うのが基本戦術となる。

ねらい撃ち


《ヘルコンドル》《アイスボンバー》など、特定の飛行ユニットなどが使える特殊能力。
相手の攻撃を防ぐ、「におうだち」「ウォール」「ブロック」に影響されずに、遠距離攻撃することができる。

は行から始まる用語

バースト(ダメージ)

1ターン中に出せる大ダメージのこと。
体力がそれを下回る場合倒されてしまうので、致死圏内という意味合いで使われることもある。

バーン


魔法使いゼシカの《メラゾーマ》など、相手リーダーに直接ダメージを与えること。

バウンス

場にあるカードを強制的に「手札に戻す」効果のこと。
相手の召喚したフィニッシャーや、バフされたユニットを対象にした使い方はもちろん、自ユニットへ「バウンス効果」をうまく使うことで、コンボパーツの威力を上昇させたり、「召喚時効果」をもう一度発動させるというテクニックもあり、応用性は高い。

バニラ


《リザードマン》《おにこんぼう》など、何も効果を持っていないユニットのこと。
全く役に立たないかと言えばそうではなく、代わりに基本スタッツが同MP帯の水準よりも高めに設定されてるため、「いざないの闘技場」などで活躍することも多い。

バフ


「+1/+1」など、ステータスや能力を強化する効果のこと。

対義語:「デバフ」

《バイキルトの巻物》などでバフをかけることができる。商人トルネコは、横展開からのバフ戦術を得意とするリーダーだ。

バリュー

カードのコストに対する価値のこと。
バリューが高いカードほど単純に強く、カード評価が高くなる。

ハンド

手札のこと。
手札最大枚数の10枚を超えることを「ハンドが溢れる」と言う。

盤面

お互いのリーダーとユニットが出せる計12マスのこと。
カードゲームの基本戦術となる盤面を取る行為は、相手の場のユニットを「有利トレード」で処理していくことを指す。

同義語:「ボード」

ビートダウン

ユニットで攻撃して殴り倒すデッキの総称。
ミッドレンジやアグロなどもこれに含まれる。

必殺技

テンションMAXの時しか使えない、各リーダー固有の強力な「必殺技」。
ピサロの場合は、《デスピサロ》に変身することができる。

必中モード

占いカードの①と②の効果の中から、好きな方を選んで発動させることができる状態。
占い師ミネア」の専売特許だ!

ピン(ピン刺し)

デッキに1枚だけ入れているカードのこと。

例:「《キングスライム》をピン挿ししたデッキ」

ファティーグ


直訳すると「疲労」。
30枚のカードをすべて引き切って、デッキが枯渇した状態。DQライバルズでは、ファティーグ状態でカードを引くことで「巨大ミミック」が登場。
毎ターンごとに1,2,3…と増加するファティーグダメージを受けることになる。

類義語は、「ライブラリアウト」

フィニッシャー

トドメ担当のデッキの要となるカードのこと。消費MPは総じて高く、試合終盤にならないと召喚できない。
主にカードパワーの高いレジェンドレアがフィニッシャーとして活躍することになる。

封印


《サイレス》《いてつくはどう》など、特定のユニットやスキルで発動する特殊効果。
ユニットの持っている能力や、かかっている効果を全て打ち消す効果のこと。

カードプール

デッキを作る際に使用できるカードのこと。
カードプールが狭いと選択肢が限られるため、同じコンセプトでも似たようなデッキばかりになってしまう。

フリーズ


魔法使いゼシカ《ぱふぱふ》など、カードの能力や呪文などを用いて、相手を行動不能にさせること。
【フリーズ(ぱふぱふ)ゼシカ】などのデッキも存在する。
参考:『ぱふぱふゼシカ』アグロデッキを悩殺!セクシーデッキでモンスターを無力化せよ

プレミ

プレイミスの略称。
配信でミスを指摘しまくる人たちに対して、「プレミ警察」と呼ぶこともある。プレミをいかに減らすかが上達のカギを握る。

ブロック


前列と後列の同じ段にユニットを並べることで、後列にいるユニットに攻撃できなくなるシステム。
後衛に守りたいユニットがいるときに重宝する。

ヘルス

HP、体力のこと。

ボード

盤面のこと。

ボトム

デッキの一番下のカードのこと。
稀にデッキの下の方全てを指す。
対義語:トップ

ま行から始まる用語

マッチアップ

異なる2つのデッキが対戦すること。
特定のデッキ同士の有利・不利を「マッチアップ相性」と言う。

マナ

MPのこと。

例:「4マナ」「マナコスト」

マナカーブ

デッキバランスのこと。1、2、3、4…とマナ(MP)コストに応じたカード枚数をグラフ化した際、毎ターンカードを出せるような安定度の高いデッキを目指す場合、綺麗な曲線カーブを描くことから名付けられた。

マナレシオ

MPコストに対する攻撃力とHP合計値の割合。
カードの強さの一つの指標になる。

マリガン


元々は「打ち直し」という意味のゴルフ用語。
初期手札がよくない時などに引き直しすることを指す。
DQライバルズでは、先攻は3枚、後攻は4枚のカードをマリガンできる。

右手が光る

ここぞという場面で欲しいカードを引くこと。

ミッドレンジ

中速型のデッキタイプ。
4〜6コスト前後のカードで有利を取っていく型。一般的にアグロに強く、コントロールに弱い。
例:「ミッドレンジテリー」
参考:『ミッドレンジテリー』環境トップクラスの強さ!TCGの強豪が構築した自信作

ミラー

同じリーダーと対戦すること。
環境上位のデッキは、「ミラーマッチ」になりやすい。

メタ

流行デッキやカードへの対策を取ること。メタによって流行が変わっていくことを「メタが回る」と言う。

例:「バーンゼシカをメタる構築」。

メタルボディ


《メタルスライム》など特有のユニット能力。
3以下のダメージを全て1に軽減する。4以上は通常通りのダメージを受ける。

ら行から始まる用語

ライブラリ

デッキのこと。デッキ切れのことを「ライブラリアウト」と呼ぶ。
ライバルズではライブラリアウトするとカードを引くたび、ファティーグダメージを受けてしまう。

ランプ


最大MPをカードの効果によって増やすこと。
「MP加速」とも呼ぶ。語源は「増やす、高める」の意味を持つRamp up。デッキタイプの呼び名にも使われる。

リーサル

トドメを刺すことができる状態のこと。
呪文デッキやコンボデッキなどで、選択肢が豊富にあり状況が複雑な場合は、上級者でも見逃してしまうことも少なくない。リーサルを逃すことは、最大級のプレミとされる。

リセマラ

リセットマラソンの略。
ゲームを始めた直後にもらえるチケットでガチャを引き、目当てのレアカードが出るまでインストールを繰り返す行為。
無課金でプレイしたい場合は有効な裏ワザだが、毎回チュートリアルをクリアするのに時間がかかるというデメリットもある。

ロック

行動を制限する事。
盤面にユニットを出すことができない状態にすることを「盤面ロック」と言う。

A〜Zから始まる用語

AoE


「Area of Effect」の略。
範囲効果(呪文)のことで、よく使用されるので覚えておこう。複数のマスに同時に及ぼす効果のことを指す。

BM

Bad Mannerの略。
煽り行為や、故意の回線切断などマナーの悪い行為。大会ではマナー違反として失格になることも。

BO

Best Of 〜の略。
試合形式のこと。BO3なら3試合勝負(2本先取)、BO5なら5試合勝負(3本先取)となる。

OP

Over Poweredの略。
「強すぎ」ということ。

CBT

2017年6月に行われた、クローズドβテスト。
その話題性に対して、募集人数が少なかったため、希望者の大半が落選するほどの抽選倍率を記録した。

OTK

One Turn Killの略。
1ターンでリーダーの「体力25」全てを削りきる動きのこと。OTKを狙うデッキの名称によく使われる。
例:「OTKアリーナ」

Tier

直訳すると「層」。
主にデッキを強さに応じて分類する際に使われ、Tier1を環境最強クラスのデッキ、Tier2を次点、Tier3,Tier4,…と分類する。
Tierランキングを見ることで、現環境で使われている流行のデッキを確認することができる。

この記事をシェアする

注目記事

ゲーム情報
タイトル ドラゴンクエストライバルズ
ジャンル 対戦デジタルカードゲーム
対応機種 iOS/Android
発売予定日 2017/11/02(木)
デベロッパー SQUARE ENIX
公式サイト http://www.dragonquest.jp/rivals/
著作権 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

-初心者向け
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

サイドバーメニュー